乾燥肌を予防するためのスキンケア方法

化粧水で肌に水分を与え、乳液や保湿クリームで肌の保水力の向上をはかることが、乾燥肌の人がよく行っているスキンケアです。肌のお手入れとはスキンケア用品を使うことだと思っている人もいますが、それ以外にも乾燥肌ケアはあります。肌は毎日の洗顔で受けるダメージが意外に多く、洗顔方法を見直すことで乾燥肌を改善することにつながります。洗顔で大事なことは、お肌を傷める洗い方を決してしないということです。しっかりと汚れを落とす洗顔は肌を休ませる前に行い、肌のバリア機能をきちんと回復させることが正しいスキンケアの方法です。洗浄力の強いクレンジング剤は、アイメイクや唇の周りなど、必要な場所にだけ使うというめりはりも大事です。洗顔は、ある程度念入りに行わなければ、毛穴の中に入り込んだ汚れが残ってしまいますが、やりすぎると皮膚への負荷のほうが大きくなります。人によっては、皮脂の分泌量が多いけれど、乾燥肌がちだという人もいます。洗顔剤で弾力のある泡をつくり、顔をこすらないようにして泡で汚れを浮き上がらせます。汚れをしっかり落とす場合の洗顔のとき以外は、石けんを使って洗顔するのはよくありません。水温30度に満たないくらいのぬるい湯で、優しく顔をすすぐようにします。ぬるめの風呂の湯は38℃くらいですが、それよりもさらにぬるい湯で顔を洗うようにしてください。顔を洗った後は、顔を抑えるようにタオルをあてて水分をすいとりましょう。乾燥肌を防ぐスキンケアは優しくがキーワードです。乾燥肌で困っているという人は、これらの点に気をつけながらスキンケアを継続していきましょう。